特別養護老人ホームに入所ができるのは要介護3以上が条件だが、要介護1 ・要介護2レベル方でも自宅介護が困難であれば特例がある

特別養護老人ホームの入所。要介護1 ・2の方が特例を受けた実例、入居を断られる場合について

要介護1・2では特別養護老人ホームに入所できない

 

割と多くの方は、この基準をご存じですが、

 

「必ずしもそうではない」

 

ということが言えます。

 

特別養護老人ホームは介護におけるサポートが充実している
※特別養護老人ホームでは多くの入所希望者があり人気が高い介護施設

 

 

 

こんにちは。

 

このサイトの運営に携わっている、

 

福愛(ふくあい)と申します。

 

現在、特別養護老人ホームに勤める
現役の介護職員です。
簡単な経歴はこちら

 

このサイトでは介護や介護職に関連する
話題や情報、アドバイスなどを私の経験
を元にして皆様にお伝えしています。

 

 

 

このページでは、「要介護3以上」が条件と
されている、

 

特別養護老人ホームへの入所基準についての「特例的」事例

 

について詳しく解説しています。

 

介護による共倒れの回避や、後悔しない
介護のためにも、

 

ぜひ最後まで読んでみてください。

特別養護老人ホームの入所基準

特別養護老人ホームは厚生労働省が
積極的にバックアップ・支援している

 

介護専用施設の名称です。

 

簡素に「特養」と呼ばれることもあります。

 

目的

 

特別養護老人ホームの目的は、
重度の要介護が必要な状態の方が
優先的に入所することができる
施設です。

 

「特別養護老人ホームとは?」については、
こちらのページでしっかりとまとめています
のでご覧ください。

 

 

要介護3以上という条件

 

入所の条件とされる基準が大きく2つあります。

 

その一つが、要介護3以上の認定を受けた方

 

となっています。

 

「要介護1、2」の認定では100%ダメなのか?

 

止むを得ない事情により、

 

特別養護老人ホーム以外での生活が
困難であると判断されれば、

 

「要介護1、2の方」でも特例的に入所
認められます。

 

大前提は「家族による介護が難しい」
ことが条件となります。

 

実際に認められたケース

 

私は、特別養護老人ホームに勤めて
いる現役の職員です。

 

当施設で実際に認められた事例として
次のような場合がありました。

 

  • 認知症があって生活に支障を来すことが頻繁にある場合や、深刻な虐待が疑われる場合
  • 介護者も病気を患っていて、随時介護をすることが困難であった
  • 身寄りが少なく遠方に住む息子しか介護者がいなかったりするケース

 

これらの事例では、実際に私の
勤務する施設で入所の基準に
値する考えられ、

 

申込みが受理されています。

 

このように、特別養護老人ホームの
入所条件の基本的な考え方として、

 

やむを得ない事情により特別養護老人ホーム以外での生活が困難

 

という場合に認められることがあり、

 

要介護1・2の方でも特例として認められる
ケースはいくつもあります。

 

この件につきましては、厚生労働省の方でも
ウェブページで内容を公開しています。

 

 

条件に当てはまるかどうかの判定

 

1番良い方法は、お住まいである各自治体に
事前に相談・確認を行うことです。

 

まずは、自宅での介護が困難ということの
説明を聞いてもらいましょう。

 

それ以外にも、「入所を希望したい特別養護
老人ホーム」へ相談することでも大丈夫です。

 

入所を断られる例

 

逆に、次のような方は入所を断られる
ケースがありました。

 

  • 長期的に入院が必要だったり
  • 伝染病に罹っていたりした場合

 

この場合では入所が断られるケース
となる可能性もあります。

 

まとめ

 

特別養護老人ホームの入所の受け入れは、
ここで説明しましたように、

 

要介護1・2の方でも、やむを得ない事情
で、自宅介護ができない場合には
認められるケースがあります。

 

また、

 

特別養護老人ホームの入所希望者
の待機されている数が多い

 

と聞かされている場合もあるかも
しれませんが、

 

都道府県によっては、

 

ベット数が空いていても介護職員の人手不足により、入居の受付が出来ない

 

といった理由がある施設もあります。

 

その場合、介護職員の就職が決まれば
待機者以上の募集が受け付けられる
こともあります。

 

ですので、まずは最初から諦めずに、
各自治体や施設に相談されることを
お勧めします。

 

 

介護職員として働いてみたい方へ

 

現在日本では、高齢者の増加に伴い
「介護職職員」が大きく不足しています。

 

この現状を踏まえ、国の政策も
「介護職員の充実」のために、

 

  • 収入・給料の改善
  • 働きやすい環境

 

などを実現するためのバックアップを
積極的に行っています。

 

皆さんの中で、

 

やりがいを持って介護の仕事ができるのか?

 

とお考えの方は、ぜひ私の介護職での
体験談を読んで見てください。

 

体験談 ・介護職。僕が在宅介護民間企業から特別養護老人ホームへ転職して良かった4つの理由

 

きっと何かの役に立てると思います。

 

 

 

当サイトでは、

 

  • 介護職の就職・転職
  • 介護施設での質問

 

などでご相談・問い合わせがある方には、

 

こちらで分かる範囲で回答やアドバイス
をさせていただいております。

 

介護について知りたいことがありましたら、
遠慮なくお問い合わせください。

 

問い合わせ先 運営者情報はこちら

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

TOPに戻る↑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連するページ

特別養護老人ホームの年齢の例外。入所の条件に年齢制限はあるのか?
行き届いた環境で介護を希望するなら、特別養護老人ホームの入居がおすすめです。特別養護老人ホームの入所条件や年齢制限について詳しくお話しします。
特別養護老人ホームとは?介護施設をお探しの方へ
厚生労働省が支援する「特別養護老人ホーム」とは、どんな施設なのでしょうか?費用や空き状況など知りたいことを分かりやすく解説しています。