介護・福祉の仕事から離職・退職する時最も多い理由は?

介護・福祉の職場での離職・退職理由は?介護職に転職するなら条件・環境の良い職場を選ぶ

介護職の離職・退職理由

 

にはどういったものがあるのでしょうか?

 

それらの理由を、介護職に就職・転職
する前にしっかりと認識して対処できれば、

 

介護の職場で長く勤めることができ、
待遇や給与面においても、

 

大きな不満を持つことなく、介護の仕事に
専念することができるでしょう。

 

介護・福祉の職場で離職・退職をすることなく長く仕事が続けられる対策と心構え?

 

 

 

こんにちは。

 

このサイトの執筆に携わっている、

 

福愛(ふくあい)と申します。

 

現在、特別養護老人ホームに勤める現役の介護職員です。
簡単な経歴はこちら

 

このサイトでは介護や介護職に関連する
話題や情報、アドバイスなどを私の経験
や知識を元にして皆様にお伝えしています。

 

このページでは、介護職での離職や退職
についての理由や、国が発表するデータ、

 

僕の勤める施設での実例などを
交えながら、介護職求人で失敗をしない
ため参考になるお話をご紹介します。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

介護職の離職率のデータ

介護の仕事を辞めたい理由としては、
以下のような回答があります(複数回答)。

 

人間関係の問題

 

「職場の人間関係に問題があったため」
が24.7%で最も高い理由となっています。

 

会社・施設の考え方との不一致

 

次いで、法人や施設等の理念や運営の
あり方に不満があったためが23.3%の数字
となっています。

 

他の仕事との内容の比較、その他の理由

 

  • 他に良い仕事・職場があったためが18.6%
  • 収入が少なかったためが17.6%
  • 自分の将来の見込みが立たなかったためが15.1%
  • 新しい資格を取ったからが10.1%
  • 結婚・出産・妊娠・育児のためが9.1%

 

となっています。

 

この中で、

 

他に良い仕事・職場があったためが18.6%

 

と割と高い数字になっています。

 

つまり、介護での職場より他の仕事の
職場の方に魅力を感じたということに
なりますが、

 

介護の職場での離職率は他の産業
の職場と比べて高いか?

 

というところも気になります。

 

では次に、介護職以外での職種と比較
した数字について詳しく見てみましょう。

 

TOPに戻る↑

他産業との離職率の比較

それでは介護職と他産業を比較した場合、
離職率はどうなっているでしょう。

 

10年以上前は、介護職の離職率の方が
目立って高い傾向にありました。

 

現在は職員に対しての待遇改善などを理由に、
他産業とそう変わらなくなってきています。

 

平成19年度の離職率を見てみると、

 

産業計が15.4%であるのに対して、
介護職員は21.6%とかなり高い値になっています。

 

ところが平成25年度になると、

 

産業計が15.6%であり、介護職員は
16.6%とその差1%までに縮まっています。

 

また短時間労働者に至っては、産業計の
24.7%に対して、

 

介護職員は16.2%と離職率が低いことを示しています。

 

中でも例えば宿泊業・飲食サービス業など、
他産業の方が介護職よりも離職率が高い
ものもあります。

 

一般的に、

 

離職率が高いというイメージのある介護職

 

ですが、必ずしもそうではない
ことがデータにより示されています。

 

 

では次に、実際に私の勤める施設の職場
ての事例やエピソードについて見ていきます。

 

TOPに戻る↑

私の勤める施設における離職者のエピソード

私が勤務している特別養護老人ホーム
においてのエピソードを紹介します。

 

人間関係での退職

 

先の離職率データでもありましたが、
人間関係に問題があって辞めると
いったケースがありました。

 

私の勤める特別養護老人ホームでは
ユニットケアを中心に行っています。

 

8~10名程度の利用者が共に暮らし、
また職員も5~6名程度が毎日関わる
といった体制をとっています。

 

そのため、職員については異動がない限り、
毎日のように顔を合わすことになります。

 

人間ですから、時に意見の合わない人もいます。

 

例えばそこで、あの人とはどうしても合わない
のだということを誰かに相談することができれば、
何らかの対応がとられるかもしれません。

 

しかし嫌だという気持を隠していたり、
その人自身協調性がなかったりしたために、

 

ストレスが溜まってついには退職といった
道を選択する者も中にはいました。

 

このページの最後でもご紹介しますが、
「特別養護老人ホーム」は介護福祉
施設の中でも、

 

1番と言っても良いほど職場の環境が
整った施設です。

 

しかし、人間関係での問題において
不満を持っている当事者がそのことを
施設や上司に相談せず、

 

心の中に隠したままにしていると、施設側
や、上司の立場の者が解決したくとも、

 

気がつかずできない場合もあるのです。

 

このように、退職・離職する原因においては
実際に職場で働く当事者の考え方や
行動によって、

 

留まることもできるし、職場を離れることも
やむを得ない状況になる場合もあります。

 

収入面での理由

 

私が今の特別養護老人ホームに
来る前に勤めていた、

 

民間会社の介護の職場で多かったのは、
収入面を理由に退職した人たちです。

 

知り合った他の施設の人から、その人が
受けている待遇面を聞くことで気持ちが揺らぎ、

 

自分の職場の待遇と照らし合わせて、
転職を考えた者もいました。

 

将来的なことを考えての決断だったと思います。

 

私も実は、民間企業の介護の職場から、
特別養護老人ホームに転職したうちの1人です。

 

しかし私の場合は、「引っ越しによって住む場所が
変わったため」というのが理由です。

 

結果的に、収入面においても職場での
環境や、人間関係においても、

 

以前の職場より良くなったと感じられた職場が
今の「特別養護老人ホーム」でした。

 

TOPに戻る↑

まとめ 介護の仕事を長く続けたいなら特別養護老人ホームをおすすめします

増え続ける高齢者に対して、介護職員の
数は不足しているのが現状です。

 

そのため介護職に関しての就職や転職などの
求人については、まだまだ今後も増加していく
ことが予想されます。 

 

その上で、様々な施設形態がある介護職ですが、

 

中でも特別養護老人ホームは他の施設形態
よりも比較的離職率が低い傾向にあります。

 

10年前より離職率の数字が格段に下がって
いるのは、特別養護老人ホームのような

 

人間関係が良い職場環境、賞与や手当
などの待遇面などが整った施設が増えて
いることなどが理由として挙げられます。

 

つまり、仕事をやめた理由の上位にきていた
ものがしっかりカバーされていると
いうことになります。

 

ですから介護職への就職や転職をお考えなら、
特別養護老人ホームで働くことをお勧めします。

 

特別養護老人ホームの求人情報を上手に探す方法

 

現在日本では、高齢者の増加に伴い
「介護職職員」が大きく不足しています。

 

この現状を踏まえ、国の政策も
「介護職員の充実」のために、

 

  • 収入・給料の改善
  • 働きやすい環境

 

などを実現するためのバックアップを
積極的に行っています。

 

皆さんの中で、

 

やりがいを持って介護の仕事ができるのか?

 

とお考えの方は、まずは私のように、

 

特別養護老人ホームでの就職・転職

 

を考えてみてください。

 

職場環境が良ければ、心配事も少なく、
介護の仕事に専念して取り組むことが
できます。

 

参考までにぜひ私の介護職での
体験談を読んで見てください。

 

 

きっと何かの役に立てると思います。

 

その上で、介護職の求人情報を探す場合は、
特別養護老人ホームの求人掲載が多い、

 

インターネットの求人情報サイトなどを使うと、
あなたの働きたい地域のいろいろな情報を
比較しながら、選ぶことができます。

 

 

 

当サイトでは、

 

  • 介護職の就職・転職
  • 介護施設での質問

 

などでご相談・問い合わせがある方には、

 

こちらで分かる範囲で回答やアドバイス
をさせていただいております。

 

介護について知りたいことがありましたら、
遠慮なくお問い合わせください。

 

問い合わせ先 運営者情報はこちら

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

TOPに戻る↑

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連するページ

介護職の派遣求人で時給1500円以上の求人はあるのか?
1500円以上の高額な時給の介護職求人は?派遣で介護職の転職や就職を考えている方への参考になるお話です。
現役職員が考える介護業界で役立つ資格の種類と取得方法
介護職の求人情報を見て面接お受けるなら、資格を持っている方が採用に有利なことがあります。しかし、働きながら取得できる資格もあり、「無資格」で就職する求人を探すのも得策です。
どうしても今の介護職の仕事を辞めたい理由が2つ以上あるなら転職も考えてみる
現在の介護の職場に悩みがあり辞めたいと思っている理由が明確にあるなら、職場環境を変えてみるのも1つの方法です。
介護の転職探し。条件の良い介護の仕事が見つかる専門求人サイトベスト5
介護の仕事に転職をお考えの方におすすめの介護職専門の求人探しサイトです。経験者・未経験者に限らずぜひ利用してみてください。
主婦が子供を預けられる施設がある介護職求人はあるのか?
介護の職場で働きたい人は様々な生活スタイルの人がいます。小さなお子さんがいる主婦やママ・パパさんが子供を預けることができる託児所の求人はあるのか?をご紹介します。
介護職求人の給与は今後どうなる?給与平均をいろいろな施設で比較
求人募集が多い介護職の求人での給与について。給与明細の平均的な金額は他の産業と比べて高いのか?安いのか?今後の見通しなど。
求人情報ではなかなか見れない、介護職の退職金制度はしっかりしている?
介護職での転職や就職を考えたとき、退職金制度がちゃんとあるのかないのか?を考えたとき、期待できるところとそうでないところはあるのでしょうか?について体験談も含めてご紹介します。
介護職の求人の賞与やボーナスの平均はどのくらい?現役職員の実例
転職や就職で介護職が目指す方は、賞与やボーナスはどれくらい支給されるのか?も気になるところです。現役職員の実例からの数字とメリットのある求人募集でおすすめのエージェンシーサイトなどをご紹介します。
介護職におけるキャリアパス制度とは?キャリアアップを目指すためには
老人ホームや特別養護老人ホームなどの施設で取り入れている、キャリアパス制度について詳しく解説しています。介護職の求人を探す上で目安にしたいところです。
介護職で給与を高くもらいたいなら。こんな施設や求人、資格がおすすめ!
高報酬が欲しい!介護職で求人を探している方におすすめの比較的給与が高い施設、そうでない施設はあるのか?
介護職で運転手の求人なら資格は必要?
介護の仕事では送迎を行う運転手の求人がある場合があります。介護職の資格がなくても面接を受けることができるので転職を考える方もおられます。
介護職の求人。派遣と正社員ならどちらが就職しやすいの?
派遣と正社員の違いは介護職でもあるのでしょうか?介護の仕事の求人を探している方はまずこのページを読んでみてください。転職・就職でのメリットをつかむ1つの参考になるはずです。
介護職の求人を見る前に。僕が在宅介護民間企業から特別養護老人ホームへ転職して良かった4つの理由
介護職での転職や就職を考えて求人情報を探しているいる方はまずは、この体験談を読んでみてください。失敗のない介護職の転職・就職を目指す一つの参考になるはずです。
介護職員処遇改善加算手当のある求人が報酬上メリットがある3つの理由
厚生労働省が介護報酬改定を進めている内容の1つに「介護職員処遇改善加算」があります。介護職員にとって、報酬の最適化はキャリアアップにも結びつく重要な課題の1つです。